BLOOD THIRSTY 02


その男

暴走族集団「美麗」の直樹は、朝から絶好調。今日の終わりに河川敷でどんちゃん騒ぎをしていたところ、見知らぬ男がやってくる。
彼の手には銀色の銃が握られていた。

何でも屋の仕事

〈サイコ・ブレイン〉の捜査は暗礁に乗り上げていた。閉塞感を打破するために、真一はフィアスに「何でも屋」の仕事を斡旋する。
真一の事務所へ向かうと、制服姿の「取り立て屋」が二人を待ち構えていた。

開業「何でも屋」

「何でも屋」の初仕事はシマ荒らしのゴロツキを撃退すること。情報収集も兼ねて、フィアスは銀座の街へ繰り出す。
一方、真一は行きつけのバーで、仕事を始めたばかりの若き日々に想いを馳せる。

〈サイコ・ブレイン〉動く

真一との共同戦線を休止したフィアスは、単独で情報収集に出掛ける。そして知り合った女性から〈ドラゴン〉が笹川組という組織に所属していたことを知る。
その頃、真一はアメリカから帰国した旨を祖父に報告するため生家へ赴いていた。

その女の名は

「何でも屋」の前に佇む女性は、死んだはずの龍頭彩だった。動揺を隠しながら、フィアスは彩と行動を共にする。
図書館へ情報収集に出掛けた真一は、〈ドラゴン〉が連続殺人事件の犯人として逮捕されていたことを知る。

Interlude 1

立てこもり事件

〈サイコ・ブレイン〉が潰しにかかってきている。身の安全を考えて、新たなアジトに身を移したフィアスと真一は、横浜で立てこもり事件が発生していることを知る。
奇しくもその場所は、荻野茜が通学する高校だった。

笹川の若頭

立てこもり事件を解決したものの、真一の顔は浮かない。笹川組の次期後継者に指名されているからだ。
フィアスは茜に呼び出され、真一がヤクザの棟梁になるのを止めるように懇願される。

Interlude 2

蝶の紋章

凛を匿うことに決めたフィアスは、彩の面影を見て苦悩する。そんな折、凛から自身の秘密を指摘され困惑する。
フィアスの秘密ーーそれは父親に殺されかけ、幼少の記憶を失ったことだった。

君の傍にはいつだって

17年前、父親に橋の上から突き落とされた。悪夢にうなされて目覚めるフィアス。そんな彼を見兼ねて凛は料理を作る。
しかし、孤独ゆえの寂しさから、凛は〈サイコ・ブレイン〉時代に付き合いのあった友達に連絡を取ってしまう。

Interlude 3

Interlude 4

ファースト・コンタクト

キョウヤから〈ドラゴン〉の手掛かりを得たフィアスは、〈ベーゼ〉へ向かう。その晩、凛を一人にしないと誓いを立てて。
そして、〈ベーゼ〉にて、かつて〈ドラゴン〉と呼ばれていた男、龍頭正宗に出会う。

真相

龍頭正宗は語る。17年前、15人を殺害したあの事件の全貌を。そして、なぜ龍頭姉妹を組織に売ることになったのかを。
そこには、亡き妻・葵との痛切な再会が絡んでいた。

脱出

正宗とともに〈ベーゼ〉からの脱出を試みるフィアス。敵を次々と撃ち倒し、建物の出口へと向かう。
その頃、空港に降り立った赤髪の男は、フィアスの足取りを追っていた。自身を「救世主」と名乗りながら。

原初の記憶

深い眠りから醒めたフィアスは、研究所の一室で父親の写った写真を目にする。ゴロツキだったはずの父が実は〈サイコ・ブレイン〉の科学者だったのだ。
その瞬間、強烈な頭痛に襲われ、過去の記憶が呼び起こされる。

Interlude 5

フォックス

病院で目覚めたフィアスは、不倶戴天の敵・フォックスと再会する。
組織を追放されたフォックスは嫉妬と闘志が入り混じった不屈の炎を燃やしつつ、〈サイコ・ブレイン〉との接触を試みる。

破壊の子どもたち

後転遺伝子を注入されたフォックスを始末するべく、フィアスとフィオリーナは共闘する。
凛はアジトを抜け出して、父親に会うべく単独行動を開始する。しかしそれは、巧妙に仕組まれたフォックスの罠だった。

Other stories


Don't forget me with love.

(7 years ago)

123

SIGNAL

(17 years ago)

123

Remember. I love you

(17 years ago)

123

POKER and HANAHUDA

(section4~5)

123

aoi

(23 years ago)