「やっ、やめろおおおおおぉぉーっ!」
ひときわ大きな悲鳴が上がり、続く銃声がホールに響き渡った。
「さ、触るななぁぁ! やめろ、やめろー! うわっ、うわああぁっ!」
フィアスは防御姿勢をといて、壁から顔を覗かせた。アタリをつけていた場所に、敵の姿はなかった。エントランスへ続く道は真っ直ぐに開かれている。
血路が開いた。
防壁に身を隠しながら、目的地へ向けて走る。フォックスの声が近くなるにつれ、焦げついた火薬の臭いが強くなる。そして……ほんのわずかな血のにおいもした。
そのにおいを嗅いだ瞬間、意に反して足が止まった。自分の足を見下ろす。動かない。壁の前に立たされたように、一歩も先へ進めない。動けと命じても無駄だ。手近な壁へと引き返し、地面に膝をつく。
痛いくらい、心臓が脈打っている。
衝動。本能。欲望……それらの言葉が頭の中をぐるぐる回る。
足が動かなかった理由は、考えなくても分かる。
血だ。
血のにおいに反応したのだ。
スーツの袖で鼻と口を塞ぐが、強烈なそのにおい、その衝動はごまかせない。
もっと血のにおいを嗅ぎたい。
「離せ! この、クソ女ども……! 地獄に堕ちろっ! くそっ……! 触るな! 触るなぁっ!」
フォックスの声が不思議な反響を伴って、耳に届く。遠いようで、近い。近いようで、遠い。意識が、思考が、遠のいてゆく。
ふらつきながらフィアスは立ち上がった。壁に手をつき、夢現の状態のまま、衝動の根元へと歩を進める。硝煙のベールを抜け、そっと壁の裏側を覗き込む。
「死にたくねぇーっ!」
怒号と、銃声。
フィアスの赤い虹彩に映ったのは、短機関銃を地面に向けて乱射する狂人の姿だった。フォックスの足元は、自身の血で真っ赤に染まっていた。地面に放たれた数発の銃弾が足を貫き、軍靴をぼろぼろにしている。その血が染み込んで、彼のジーンズは膝下までがドス黒く濡れていた。
むせ返るような血のにおいは、自傷というには壮絶な自滅攻撃によるものだった。痛みを感じないのか、両足が潰れてもフォックスは引き金を引く指を止めない。
しかし、それ以上にフィアスにとって衝撃的だったのは、彼の両目から異質な涙が流れていたことだ。赤黒いどろりとした血が目から頬にかけて太い川を作っている。血の涙はどくどくと溢れ続け、恐怖に引きつった顔を真っ赤に染めた。
〝生き延びることに対する反動が起こる。〟
息をするのも忘れ、破滅的な光景に見入っていたフィアスに、フォックスが気づいた。赤い目と目が合うと、血の欲望に変わって、本能的な回避行動が素早く身体を動かした。
フォックスが銃身を向けるより先に、地面を蹴った。横倒しに手近な防壁へと飛び込む。短機関銃の軽い銃声とともに、コンクリートの地面に点々と穴が空く。地面を滑る銃弾は、壁に全身が隠れる前に、左足首を貫いた。
熱を帯びた金属の、鋭い衝撃が左半身を駆け抜けた。転がるように数枚の壁を抜け、地面に膝をつく。
「ぐぅうっ……!」
服の上から患部に触れると、べっとりとした血が掌についた。みるみるズボンに染み込み、裾を伝って血溜まりが滴り落ちる。
胴体よりも末端を、傷つけられた痛みは鋭い。突き立てた膝に額を乗せ、荒く息を吐く。
後天遺伝子の回復力により、銃痕は数分で塞がるはずだ。それでも頭のてっぺんから急速に血の気が引くのを止められない。ここで意識を失うことは、死ぬことと同じだ。重い腕を持ち上げると、意識の混濁を防ぐために力を込めて噛んだ。
銃弾の軌道は地面を擦るばかりでなくなっていた。
未だ見えない幻影と戦っているようだが、フォックスはその中の一人として自分を認識したようだ。血塗れの足を引きずって、標的の探索を始めている。
「殺さないでくれ……。母さん、殺さないでくれ……母さん……」
激しい悲鳴は、今や諦念の滲んだ嗚咽に変わっていた。親にすがる幼子のように、彼は生命にすがっていた。
理性を失い、過去の亡霊に怯えながら命乞いをする。これが生き延びることの反動。これが後天遺伝子の末路。
「殺さないでくれ……。ううぅ、頼む。母さん、殺さないで……」
フィアスは耳を塞いだ。


「フィアス!」
そのとき、頭上から声が聞こえた。幻聴かと疑ったが、降り注ぐ視線の先をたどると、すぐに見つかった。エントランスから向かって右の部屋。パネルの陰から、本郷真一がこちらを見下ろしていた。目が合うと、さっと片手を挙げる。その手には銃が握られている。
なぜここにいる? どうしてこの場所が分かった? 何をしようとしているんだ?
浮かび上がった様々な質問を伝える術がない。呆気にとられていると、真一が「今、助ける」ということを身振りで伝えてきた。
フォックスに向け、銃を構える。
「よせ!」
フィアスが叫ぶより先に、銃口が火を吹いた。銃弾はフォックスの近くの壁にあたった。
発狂者の嗚咽が止んだ。フォックスが狙撃先を見上げたに違いない――真一の顔が恐怖に強張った。
刹那、短機関銃の乾いた銃弾が、真一のいる部屋に向けて放たれた。
うわああぁぁぁぁぁ! 恐怖に慄くフォックスの声が建物中に轟く。狼狽た様子だったが、銃を握る手は素早く弾倉を交換した。身体に染み付いた動作記憶がその行動を引き起こさせているらしい。出血した足を引きずりながら、エントランスに向けて歩き出す。上階に現れた恐怖の根源を始末する気だ。
フィアスは自身の足の怪我に目をやる。傷口は塞がり始めていたが、まだ動かせる状態じゃない。その間にもフォックスの背中はどんどん遠ざかる。
焦りだけが胸の中で大きくなってゆく。
エントランスと上階を交互に見やった後、フィアスは真一に向かって叫んだ。
「銃を投げろっ!」
次の瞬間、壁の向こうから放物線を描いて銃が飛んできた。
昨晩手入れしたばかりの、グロック19。
フィアスは防壁から飛び出すと、手を伸ばして銃を受け取った。地面に横たわったまま、構える。
気配を感じてフォックスが振り返った。恐怖、憎悪、欲望、……それらに支配された顔は、人間のものではなくなっていた。
それは獣――後天遺伝子が作り出した怪物だ。

フィアスの放った弾丸は、フォックスの眉間を貫いた。