1
 幽霊が出るんだぜ!
 いつだったか、真一が語ったことがあった。アジトで手持ち無沙汰な日々の、ちょっとした雑談の中で。
 神奈川で有名な心霊スポットは五箇所あって、中学生のころ友達と全部回ったんだ! 中でもいちばんヤバかったのが工事現場の跡地だな。バブルの頃にでかい展示場を作ろうとしたらしいんだけど、作業中に死人が出て、完成には至らなかった。
 小田原の方にあるんだけど、すげえ辺鄙へんぴな山の中にあってさ、ぼろぼろに壊れかけた建物が放置されたままなんだよ。いかにもって感じで怖かったなー!
「その話ぶりからすると、幽霊ってやつは出なかったんだな」
「うっ……、痛いところ突いてくるなよ。怖かったんだから、結果オーライで良いだろ!」
「横浜から一時間の無駄足を踏んで恐怖を味わいに行くことの、どこが結果オーライなのか教えてくれ」
「お前なー、そんな風に理屈で考えるから友達がいないんだよ。遊ぶことの理由を聞いてくるやつと遊べるか?」
「余計な世話だ……おい、笑うな、シド」
「今度連れてってやるよ! 楽しいぞー」

 お前の情報は頼りにならないな、とフィアスは思った。フィオリーナが調べ上げたこととまったく違っている。
 この場所は山ではなく丘陵きゅうりょう。展示場ではなく、娯楽施設を目的として作られた。工事が頓挫とんざした理由は、死人が出たからではなく、資金調達に問題があったから。
 心霊スポットではあるが、それ以外の目的を持った人間の利用が多い。主に裏社会に生きる人間が、人里離れた場所であるのを良いことに、拷問や処刑、闇取引の現場に活用している。
 フォックスは、小麗からこの場所のことを聞いたに違いない。鬱蒼とした雑木林の中を、周囲を警戒しながら進む。
 敵が潜んでいる気配はない。罠を仕掛ける時間もなかったはずだ。林を抜けると、野球場のように広い原野が現れる。その中心部に建造物らしきものが見えた。跡地という言葉にぴったりの、屋根のないコンクリート造りの建物。携帯電話に送信された衛星写真を見ると、迷宮のような複雑な間取りが剥き出しになっている。
 中心は漏斗型の傾斜になっていて、観劇に使われる予定だったようだ。
 ――フォックスの姿は見えません。死角に注意してください。
 片耳に取り付けたイヤホンからフィオリーナの声が聞こえる。袖口に隠したマイクから、了解、とだけ返事をしてフィアスは歩を進める。上空の目がある分、フォックスにこの戦いは不利に働く。それを承知の上でこのフィールドを選んだのだとすると、観測されるメリットがあるということだ。携帯電話のGPS機能を逆手にとって自分のねぐらに導いたときのように、こちらの動きを利用しているような気がする。
 嫌な予感を感じながら、木の陰に身を隠す。深く息を吐いて、握った銃を構え直した。
「遠慮すんなよ」
反射的にグリップを握る手に力がこもる。神経を集中させて、相手との距離をはかる。
「入ってきたらどうだ? 戸口は開いてるぜ」
フィアスは腕を口元に近づけ、小さな声で告げる。
「衛星は?」
――十時の方角。
「了解」
身をかがめ、原野を抜ける。四角く工事現場を囲う外壁に背中を預ける。
――対象に動きなし。
「あのガキは連れて来なかったのか」
フォックスの声は何枚も隔てた壁の向こうからくぐもって聞こえた。距離に開きがある。
「まあいい。シンプルなゲームに審判役は必要ない。罠も伏兵もいない。俺が望むのは、単純な力の勝敗だ。俺とお前のどちらが強いのか……っと」
声が途切れた。その瞬間を待って、片耳から応答がある。
――通話しています。
「通話?」
――対象は中心へ移動中。武器を手にしている様子はありません。
 気でも狂ったか? フィアスは眉を潜める。相手は手ぶらのまま、何者かと電話の最中だという。それも防壁の少ない中心地へ向かうなんて。
 フィアスはじっと耳を澄ませた。フォックスの声は聞こえてこない。壁伝いに移動する。
 建物の入り口にあたる部分、上空写真で外壁が途切れている場所があった。音もなく移動し、内部へと侵入する。入り口はエントランスらしく広いスペースが設けられていた。さらに奥へ向かうための入り口が二つ、コンクリート壁に四角く穴が開けられている。
 右の通路を進むと、数本の支柱が伸びた細長い廊下のような部屋に行きあたった。ホールを見下ろせるように計画されていたのだろうか、スロープになったこの部屋と円形の中心部はビルにして二階分の高低差がある。部屋と中心部を隔てる境界は壁というよりパネルに近く、コンクリートとコンクリートの間に隙間がある。その壁の一枚に身を潜め、蟻地獄のような漏斗型の中心部を俯瞰すると、最下層へ降りてゆく赤髪が見えた。フィオリーナの言った通り、携帯電話を耳にあてている。
 狙いを定めてみるが、この距離から拳銃での狙撃は難しい。的を外せば、こちらの居場所がバレてしまう。
「フィオリーナ!」通話を終え、フォックスが叫んだ。小型マイクの収集音域に乗せるためだ。
「残念だが、フィアスの死体は残らないぜ。ネオが解剖したいそうだ。髪も爪も肉片も根こそぎ回収させてもらう!」
聞いていて、あまり気持ちの良い話じゃない。
――フィアス。
フィオリーナが低い声で言った。
――フォックスの死体は始末しなさい。わたくしにそのような趣味はありません。
 珍しく、彼女の声に微かな嫌悪が感じられる。
 と同時に、フォックスの哄笑が円錐えんすいの地形にこだました。
――対象から、十二時の方向へ移動中。ホールを上っています。
「武器は」
――所持していません。
 どういうことだ。戦意喪失しているのか。
 いや、フォックスの口振りは自信に満ち溢れている。
 それならば、何故、武器を持っていない?
――こちらの部屋に向かうつもりです。
 フィアスは素早く引き返し、エントランスから今度は左手側の部屋に向かう。シンメトリーになった通路は、右の部屋と柱の配置もほとんど変わっていなかったが、中心部を隔てる境界はパネルではなく連続したコンクリート壁だった。目下を眺望できない分、中央から銃撃を受ける心配はない。
「フォックスは?」
――進行方向、変わらず。
「武装」
――変わりなし。
先制を誘っているのか。しかし、丸腰で陽動することに何の意味がある?
「他に敵は?」
――フォックス以外に人の動きはありません。周囲を囲まれているわけでもない。
「左から回り込む」
――攻撃は待ってください。
「しかし……」
「龍頭凛は強い女だな」
遮るようにフォックスが言った。
「紛争地域のガキみたいに、苦痛に耐える術をよく身につけていた。涙一つ溢さなかったよ。三年前に比べて、俺も腕を上げたんだけどな」
――挑発に乗ってはいけません。
「蝶のタトゥーは額縁に飾っておきたいほど綺麗だ。彼女の身体の中で、一番気に入ってる。お前もそう思うだろ?」
指先に冷たさを感じる。力を込めているせいで、グリップを握る指が白く変色していた。
――フィアス。
「奴は丸腰だ」
――待ちなさい。
「こちらの居場所はバレていない」
――隙が出来るのを……
「付け入る隙は今しかない」
フィオリーナが息を呑んだ。
――居場所がバレた!
押し殺した声がノイズに塗れてわずかに荒れる。
――退避!
乾いたアスファルトを蹴る軍靴の音が耳に届く。しかし、音の出所が掴めない。右側でもない、左側でもない。
強いて言うなら、それは、ホールから聞こえてくる。
 まさか、右手側の部屋から防壁を渡り、こちらの部屋へ飛び移ろうとしているのか?
――三時の方角!
 強い衝撃が壁に走った。ホールと部屋を隔てているコンクリート壁だ。フィアスが走り始めると同時に、目の前の壁が砕けた。白い粉塵が立ち込める中から、黒い手が伸び、首を掴む。壁越しに強く身体を打ち付けられる。
「うっ……」
 強い衝撃に打たれた頭が、ホワイトアウトした。手から力が抜ける。銃が指先をすり抜け、地面に落ちた。
――フィアス!
フィオリーナの声。霞んだ視界に、二つの赤い光が見える。
それは眼光だ。
獣より荒々しい、怪物の目。
後天遺伝子……。
「お互い、人間のフリはよそうぜ」
赤い目を細めてフォックスは笑った。