「おっ、お前……! 何してるんだ!」
震えながら発した真一の声に、赤い目を細めてフォックスは笑った。画面越しに唇が開く。何かを喋っているようだ。
 フィオリーナが耳についたインカムに手をあてる。音声はヘッドフォンに伝わっているらしい。声が聞こえたとしても、日本語以外の言葉が分からない真一には意味をなさない。食い入るように画面を見つめる。
 フォックスの太い腕の先で、フィアスは壁に押しつけられたまま動かない。両腕は力なく垂れ下がり、うつむいた顔を金の前髪が隠している。
 まさか……、いや、アイツに限ってそんなことあるわけない。
「おい! フィアス、しっかりしろ! そんなところで寝てんじゃねぇ!」
 その叫びがうるさかったのか、フォックスは苛立たしげに頭を振る……刹那、フィアスが動いた。
 腰から素早くナイフを抜き、水平へ刃先を滑らすように切りつける。首筋めがけて突き出されたナイフは、コンマ数秒の差でフォックスの腕にガードされた。
 それでも、鋭い刃が、肉を割いて手首に食い込む。
勢いよく吹き出た鮮血が、フィアスの顔半分を真っ赤に染めた。
画面越しでも、その凄惨せいさんさは言葉を失うほどだった。
 手首を切断されないまでも、主流の血管を傷つけた。致命的なダメージのはずだ。
 ナイフから手を離し、フィアスは次の行動に移る。とどめを刺すために、ヒップホルスターから銃を抜く。
「いけませんっ!」
フィオリーナが叫ぶと同時に、獣の手が銃身を打ち払った。弾き飛ばされたグロックが、画面外へ消える。フォックスはフィアスの胸ぐらを掴み上げると、壁の向こうへ高く放った。
「フィアス!」
フィオリーナの悲鳴が部屋中に響き渡る。真一はあんぐりと口を開けながら、その光景に見入っていた。
人間が、人間を放り投げることなんて出来るのか? それも片手で?
 漫画や映画で目にしたシーンが、現実に起こり得るなんて信じられない。しかも敵は負傷しているのだ。手首を半分、裂かれるほどの。あんなパワーを出せるはずがない。
 ところが、衛星が映し出すフォックスに瀕死の症状は見られなかった。それどころか平然たる態度で、ナイフの刺さっている腕を軽く回している。まるで野球選手がバッターボックスに立つ前に、肩慣らしをするように。ゆっくりとその場に腰を下ろすと、刺さったナイフを引き抜きにかかった。
 モニターを見つめていたフィオリーナは、独り言のように呟いた。
「再生している……」
椅子に腰掛け、コンピューターを操作する。衛星カメラが角度を変え、フォックスの手首にフォーカスした。
 彼が苦戦していたのは、骨に刺さったナイフが抜けないからではない。ナイフを包むように皮膚が覆い、取り出せなくなっているのだ。柄を待ち、内側から皮膚を裂いて、引っ張り出そうとしている。
 真一は思わず目を背ける。苦い味のする液体が、胃の腑からせり上がってきた。
こみ上げる吐き気をなんとか抑え、真一は聞いた。
「アイツの身体は、どうなっているんだ?」
フィオリーナは答えない。夢中で画面に見入っている。
 ふと、ポケットで携帯が震えた。直感が真一を揺さぶり、慌てて電源ボタンを押す。
 画面には一件のメッセージが表示されていた。
――お前の声はうるさい。
「フィアスだ」
そのつぶやきを聞き取って、フィオリーナが近くへ来た。
二人して覗き込んだ画面に、再びメッセージが受信される。
――フォックスは聴覚が発達している。
――居場所がバレたのは、そのせいだ。
「わたくしたちの会話を聞いていたというの?」
フィオリーナが、口元に手をあてて独りごちる。
「衛星に映しやすい立地を選んだのも、そのため……?」
これまでの経緯を知らない真一は、再び画面に目を向ける。今度はメッセージが三件、立て続けに流れてきた。
――罠を仕掛ける。
――合図をしたら、
――通信機に話せ。
了解、と返事を打つ。
 焦燥しょうそうに駆られながら続くメッセージを待ったが、応答はなかった。衛星カメラに目を向けると、フォックスは引き抜いたナイフを捨て、手首の調子を測っているところだった。傷はケロイド状の痕が薄く残っているだけで、完治している。
 コイツ、不死身かよ……。
 先程のゾンビ染みた男といい、非現実的なことが多過ぎる。真一は背筋に寒気が走るのを感じた。
 そのとき、ドアを潜り抜けてシドがコンピューター室に入ってきた。上空の映像をちらと目にした後、フィオリーナに小さく耳打ちする。
 彼女は驚いた様子で、シドを見上げた。
 それから映像モニターを一瞥すると、シドに代わって廊下に出た。


「隠れたって無駄だぜ。俺の耳にはお前の鼓動が聞こえてる。恐怖か興奮か、うるさいくらい高鳴っているよな」
フォックスも階下へと降りてきたようだ。哄笑こうしょうが漏斗型のホールにこだまし、いつまでも響いている。人並みの聴覚でもその声は耳障りだ。
 防壁の陰に腰を落とし、フィアスは息を潜める。先ほどから冷や汗が止まらない。着地の衝撃で右手が使い物にならなくなっているからだ。
 赤紫色に腫れ上がった数本の指は、痛みを超えて何も感じない。
 フォックスとはいくつかの防壁を隔てて、数十メートルの距離がある。心臓の鼓動を聞き取っているという彼の言葉は、ハッタリのように聞こえるものの、真偽の程は定かではない。
 なぜならば、似たような芸当が自分にも出来るからだ。
 フィアスは目を閉じる。視界を消して鋭くなった五感の一つ――嗅覚が、銃の油のにおいを嗅ぎ取る。先程の一戦交えた場所から武器は回収されていない。
 ……取り戻さなければ。
――通信機に応答しろ。
 真一宛にメッセージを打つ。直後、何枚も隔てた壁の向こうで、フォックスが動いた。彼の身体に馴染んだ香水のにおいが、素早く別の地点へと移動したのだ。仕掛けた罠――真一が喋っている通信機の方へ。
 フィアスは音を立てずホールを抜けると、上階へ続くエントランスへ走った。
 背後に気配を感じなければ、滞りなくその作戦は成功するはずだった。
 早い……!
 殺気を感じ、咄嗟に身を捻った。拳が肩先を掠め、コンクリート壁を殴りつける。壁の表面を細い亀裂がほとばしり、ぼろぼろと破片が剥がれ落ちた。
「あんな小細工、通用するかっての!」
続く二発目のパンチを、身をかがめて受け流す。
「どうして赤い目にならない?」
三発目、後方へ飛び下がらなければ、頭の骨を砕かれているところだ。
「俺を倒したくないのかよ!」
四発目、ストレート。一発目と同じように身をひねってかわす。
「つまんねぇんだよ!!」
突如、パンチよりも素早く手が伸び、胸ぐらを掴まれた。階下へ放り投げられたときと同じく、人間離れした力技で、エントランスとは逆方向へ飛ばされる。最早、右腕は盾にならない。防壁へ全身を強かに打ち、束の間、呼吸の仕方を忘れた。
「ふっ! ぐうぅっ……」
片腕をかばいながら上体を起こし、壁に身体を預ける。逃げようにも、身体が言うことを聞かない。
 視界が二重にも三重にもブレる中を、赤い目の男が歩いてくる……。


「おい、後天遺伝子はどうした?」
フィアスの視線に合わせて身をかがめると、フォックスは金の髪を掴んだ。まじまじと、その顔を見つめる。苦痛に歪む両眼は、灰青色から変化の兆しが見えない。
 圧倒的な力で組み伏せられ、肉体的に疲弊してもなお、その瞳は理性的な落ち着きを保っている。
「俺が戦いたいのはお前じゃない!」
 苛立ちまぎれにフォックスは、フィアスの頭を壁に打ちつけた。
 壁に背を預けたまま、獲物は力を失った。前髪に隠れた額から、太い血の川が頬に向けて流れ出す。
 フォックスの耳に、浅い呼吸音と静かな鼓動が届く。
 どちらとも、かなり弱い。
 ……これが限界か。
フォックスは溜息を吐くと、手首に仕込んだ武器を取り出す。刃渡りの長い、戦闘用ナイフだ。刃先を指でなぞると、皮膚が切れ、瞬く間に塞がった。
「まずは女からだ」
「……」
「そこで見てろ。猫みたいに可愛い売女が、にゃーにゃーのたうちまわる様をよ」
「……」
そのとき、掠れた声が耳に届いた。常人なら聞き逃しまう囁きを、フォックスは聞き逃さなかった。力なく壁にもたれた瀕死状態の男の口から、はっきりとこの言葉が聞こえたのだ。
〝生き延びることに興味はない――〟
瞬間、流血で塞がれていた目が開き、ぎょろりと動いてフォックスを捉えた。
 目の眩む衝撃が左頬に飛んできた。球を弾くように、数メートル先の防壁まで飛ばされる。フォックスは壁を支えにして立ち上がると、血とともに折れた歯の欠けらを吐き出す。
 顔の奥で無数の細胞がうごめいている。早くも殴打された患部が、じわじわと治癒されていくのが分かる。
 これが後天遺伝子。破壊と再生を繰り返す、禁断の力。
 痛みとともに湧き上がる感情は喜びだ。
 フィアスは立ち上がると、腫れの引いた右手で額の血を拭う。
 その手が顔を離れると、煙った灰青色とは正反対の、毒々しい赤い目が現れた。
「――しかし、ここで死ぬわけにいかない」
獣の歯噛みに似た顔で、フィアスは唸った。