menu

ライチュウの思い出

山手線に乗っていたら、ドアの上のテレビ画面にポケモンが出てきました。

Ankerがポケモンの充電器を販売するらしい。
コラボするポケモンは、ピチュウ・ピカチュウ・ライチュウの3種類。
充電器は各ポケモンのモチーフカラーになっていて、側面にシルエットが印刷されています。

https://www.ankerjapan.com/pages/anker-pokemon2022

ぼんやりとそのCMを眺めながら思いました。

ライチュウ……売れる?

ピチュウ・ピカチュウの充電器は、黄色。

いかにも電気が流れていますよ!ビリビリ充電中ですよ!といった配色。対して、ライチュウはくすんだオレンジ色。
他二つと一線を画している感があります。

(※充電ポートの数やW数、スペックなどで三段階に分けているらしいので、一概に外見で売れ行きは判断できませんが……)

可愛いと言えば可愛いけれど、よく見るとそこまで可愛くない。
もちろん、カッコ良い系のポケモンではない。

ライチュウって、微妙なラインを行っていますよね。

ずんぐりした体で、ピカチュウよりも筋肉質で、ポイントカラーの赤いほっぺは地味な黄色に変わり、昔のアニメでは威圧的なハスキーボイスで「ラーイ!」って言ってました。
(そしてサトシのピカチュウをいぢめていた。)

ピチュウが出現してから、可愛い系ポケモンの座をさらに奪われ、立ち位置がよく分からなくなっています。

同じく任天堂のキャラで例えると、マリオの他に優秀で人気者の兄弟が出てきちゃったルイージみたいです。
……いや、ピチュウこそがルイージなのか。

しかしながら、わたしはライチュウが大好きです。
ポケモンの中で順位づけをするとしたら、一番はもちろんライチュウです。

君に決めた!と言いたいところですが、正確にはクラスメイトの男子が勝手に決めました。

「ライチュウでいいよな!」

わたしが小学生のころ、ポケモンゲームの記念すべき第一弾「ポケットモンスター赤・緑」が爆発的に流行しました。例に漏れずわたしもポケモンをプレイ、そして挫折。

モンスターのレベル上げが面倒くさくてたまりません。
序盤は自分の家の周りにいる、ハトやネズミのポケモンを倒したり、近所の少年が持っているハトやネズミのポケモンを倒したりしてレベルを上げていくのがセオリー。
それがとにかく面倒くさい。
なんでこんなにハトとネズミを倒さなければいけないのか。
生態系を乱すレベルで延々とハトとネズミを駆除していくのです。田舎の自宅の近所の茂みで。あとイモムシとかハチなどの害虫系も殺……たおす。

すごい面倒くさい。
シルバー人材センターのおじさんとかに頼んで欲しい。

なんとかしてラクに攻略できないかな。強いポケモン手に入らないかな、と頭は既に横着モード。

そこで小学生の小さな脳みそはヒラメキました。

誰かから強いポケモンをもらえばラクに攻略できるぞ!

今やクラスメイトのほとんどがポケモントレーナーでした。
強いポケモンは選り取り見取りです。
中でもOくんは、ゲーム・プログラムの裏をかいたバグ技を試して画面に不思議な数式が浮かび上がるほどポケモンを愛し、作り手の意図を超えて攻略しまくっていました。

わたしはOくんに「強いポケモンちょうだい」と持ちかけました。

ちょうだいっていうか、交換しよう。適当なポケモンそのへんで捕まえてくるから、なんか強いのと交換してください。

いいよ! とOくんは快諾しました。

「いいよ!バグ技で100レベルのポケモン作ってやるよ!ちょっと待ってろ!」

先程ちらと書いたように、ゲームボーイ版のポケモンは意図的にバグを作り出せます。
あるアイテムの選択する際に、特定のボタンを押しまくって、さらにある場所まで行くとそのアイテムが増えたり、「けつばん」と名前のついた謎のポケモンが出現したり、レベルの低いポケモンが一気にレベル100になったりします。

「レベル100だったらなんでもいいよな!ピカチュウでいっか!カミナリの石も100個作ったから、進化させとく!ニックネームとか適当でいいよな!……はい!」

とテンポ良く送られてきたポケモンがライチュウでした。

ニックネームは「サナヌフヨ」。すごい適当に文字ボタンを押して、命名したのがまるわかりです。
人からもらったポケモンはニックネームが変更できないので、このライチュウの名前は一生そのままです。

こうしてわたしとサナヌフヨはマサラタウンにさよならバイバイして旅に出ました(ラーイ!)。

次週へ続く

シェアしてくれたら嬉しいですー

幻想小説を書きますが腹筋が割れた

最近、自分のWEBサイト「LASTMOMENTS」を改装しました。

https://last-moments.com/index.html

サイトのテーマは夢と現実の境目。

「不思議だけど、不思議じゃない」という作品作りで念頭に置いているモットーを目で見えるように表現した形になります。
夢と現実の境目、刹那的な一瞬を切り取った幻想小説を取り扱っています。流星が描く軌跡のような閃光を文字として残せたら本望です。

ところで、腹筋が割れました。

見てください、このシックスパック(しかし写真は載せられない)。
週3日ジムに通って無心に体を鍛えまくっていたら割れました。

やったね!!!!

筋肉は幻想じゃないですよ。厳然たる事実です。
流れ星が消えたとしても筋肉は消えないんです。
やればやるだけ育っていく裏切らなさがすごい。

本当言うと、ジムに通って鍛えまくったことよりも、食事制限が効いたのかなと思います。

リーンゲインズ(16時間断食)と呼ばれるダイエット方法がありまして、ここで書くよりもググってもらった方が正確な情報が得られると思うのでぜひお願いしたいのですが、
とにかく16時間何も食わないで肉体を人為的に飢餓状態にして脂肪燃焼させるという方法。

それと糖質制限。プロテイン 。
間食したいときは素焼きのナッツで上質な脂質を得ることが大事。

これらの食事法を組み合わせつつ、レッグプレスで脂肪燃焼率の高いハムストリングを重点的に鍛えたら……

腹筋が割れました。

パワー!

特別目標にしていたわけではありませんが、やっぱり割れると嬉しいですね。
ついつい鏡で自分のお腹を見ちゃいます。

きっと妊娠中の女性はこんな気持ちで徐々に膨らんでいく自分のお腹を見ているのでしょうね。
つい確認しちゃう嬉しくて、みたいな。

自分の場合は割れてますけど……。

そうそう「お腹を制するものは筋肉を制す」ってジムの壁に貼ってありました。

人類は狩猟採集民だった時代から飢えに苦しんでいたので、隙あらば下腹部に脂肪を蓄えるように出来ているんですって。
脂肪が落ちにくいのは太古にシステム化された人体の名残りらしいです。

そんなことをYOUTUBEの頭が良さそうな人たちが言っていました。

壮大な昔話すぎて全然ピンと来ませんが、人類史を序盤まで遡って説得材料に使われると「へぇ、そうなのか」って納得せざるを得ませんね。

根幹の時代だから揺らぎようがないというか……一般人にはそれが事実かどうか調べようがないというか。

「お腹を制するものは筋肉を制す」。

次はお尻の肉を落としたいです。
「大臀筋」というらしい。
ヒップアップしたいです、ヒップアップ。

ヒップホップやってるから、ヒップアップもできると思うんですよね。
韻を踏む感じで現実的な効果として上手くスライドできないだろうか。
レッグプレスと同じくらいヒップアブダクションの回数を増やすか、レッグプレスの負荷を重くするか迷いますな……。

というわけで、長くなりましたが、これからも自分が美しいと思う幻想小説を追求していきたいです。

パワー!(これが言いたいだけ)

シェアしてくれたら嬉しいですー

ラップバトルをしたら友達が増えた

神宮寺先生「君も男ならラップできるだろう?」

女だけどラップが好きです。

できているか分からないけど、たまにネット上のサイファーでラップバトルをしています。

以前、大好きなラッパーのDaokoさんの記事を書きました。

語彙の選び方やストーリー展開など、細かい部分を緻密に作っていく感じが小説に似ていると思います。
高校生ぐらいのときに「ライムスター」や「soul’d out」「Heartsdales」なんかを聴いて、いつかわたしもラップバトルをやってみたい!と思っていました。
しかし、当時(も)陰キャで臆病だったわたしはサイファーには参加できず、そもそもサイファーがどこで開催されているかも分からず、一人カラオケでひたすらラップを歌いまくり腐った世の中を救ったつもりになっていました。

語呂合わせの歌詞も書いてみたけれど、ただの語呂合わせでしかなく、リズムを整えながら伝えたい思いを込めるのはとても難しいと感じました。

掴んだと思ったらウナギのように手の中をすり抜けていく。そんなところも小説に似ていますね。

わたしは思っていることを口頭で伝えるのが苦手で、喋っているうちに言いたいことを忘れるし、別の話題に興味が移って話が飛んだり、頭の中にある言葉が抜けて何も喋れなくなることがあります。
血の気が多いわりに口論はとても弱い。秒で論破されてしまいます。

そんなわたしにとって、誰かの作った歌詞をあたかも自分の言葉のように口ずさむことのできるラップは、フラストレーションのはけ口にぴったりでした。

ネット上にサイファーがあると友達から教えてもらい、一時期そこに入り浸っていました。
その場所には練習用の一人サイファーができるスペースがあり、なんとなく今の気持ちを即興で歌にしてみると……やっぱり出てきません。
つくづく喋ることには向いていないな、と思います。

ある日、別のサイファーに地方在住の男の子が入ってきて「ちょっとラップしませんか?」と持ちかけられました。
ラップというと互いをディスり合うイメージですが、その場所はディス禁止だったので、お互いの出身地あるあるを言葉に込めてやりとりしました。

♪わたしの地元はヤンキーのおとも
♪中学 思い出 いまだに夢中
♪23区怖ぇここから出られねぇYOYO

みたいなことを歌っていると、相手が爆笑。

♪東京住まい うらやむまい
♪俺の地元は茨城 イバラしかねぇけど
♪俺は好きだぜ 水戸 納豆

みたいな返しがあり、雑談タイム。
「天野さんのおすすめのラッパー誰ですか?」と聞かれて
「ライムスター好きですよ。最近はDiggy-MO’をたくさん聴いてます」と返事をしたら
「渋いっすね!!」と一言。

年齢的に十歳くらい離れた人だったので、わたしが学生当時に流行していたヒップホップユニットは渋いレベル。
そうですよね、ジャパニーズ・ヒップホップの創始者みたいな人たちですよね。「ライムスター」とか。
お返しにナウいラッパーをいくつか教えてもらい、ラップバトルは終了。

それから定期的に、自作のラップソングが送られてくるようになりました。
その人は作った歌をYOUTUBEに上げて自己表現をしているらしい。
どの曲も勢いがあって、刹那的でカッコいい。

しかし、なんだこの謎の繋がりは……
ラップって世代も地域も超えて繋がるんだなーすごい、と感じた瞬間でした。

ちなみに、ラッパーにはそれぞれ決め台詞みたいなのがあって、

♪わたし 天野 a.k.a あお インダビルディング〜
(実際はもっと色々盛り込んでいる)

みたいな自己紹介を隙あらばリズムに載せてしめくくる手法があったりします。
いろんな人のサイファーを聞いてると、そこだけ急に歯切れ良くなったりして面白い。

シェアしてくれたら嬉しいですー

Archives