リビングで寝ずの番をしていたフィアスは、ソファから立ち上がった。
 机の上には飲みかけの珈琲――真一が寝床にしている一階の客間へと引き上げる際にれていってくれたもの――が、カーテンにこもる月光を映して、ほのかに輝いている。
 立ち上がり様、カップに残っていた珈琲を飲み干すと、静かにキッチンシンクに置いた。
 時刻は、深夜一時を回っている。
 このまま朝まで見張りをし、真一が起きるのと交代に仮眠を取る。フィオリーナと合流するまでは、そのやり方で身辺警護を行うと、二人に説明していた。
 意識して五感を研ぎ澄ますと、周囲の静寂が、水のように流れているのを感じた。
 数百メートル先まで、その流れを追うこともできた。治安の良いこの界隈を、真夜中に彷徨さまよう人は稀だった。終電に乗り遅れた人を乗せたタクシーが、たまに通り過ぎるくらいだ。
 だからフィアスは時間を決めて、五感を閉じる・・・・・・ことにした。
 それだけで感覚過敏による頭痛はかなり軽減されたし、五感を使っていない間は、後天遺伝子に対する嫌悪を忘れることもできた。
 音を立てず階段を昇り、二階へ行く。
 五感を使わないことの最大のメリット――例えるなら、こうだ。
 静寂の水流に落ちる「波紋はもんの音」。
 その音を聞き拾ってしまうことに、動揺を覚えずに済むことだった。

 寝室の扉は闇に沈んでいる。
 室内の灯りはついていないようだ。
 静かに扉をノックする。
「リン……もし、起きていたら、話がしたい」
リビングへ引き返し、再びソファに腰かけた。
 凛が寝室から降りてきたのは一時間後だった。
 時藤小百合の私物から選んだ、白いワンピースを身につけている。寝間着代わりに使っているらしい。
 フィアスと目が合うと、にっこり微笑んで、ふいに目が覚めてしまった・・・・・・・・・・・と告げた。
「なにか温かいものくれる?」
「そうだな……」
キッチンの戸棚を開ける。その場所に、真一がかき集めてきた食料品が備蓄されていた。
「ココア、紅茶、珈琲、ワイン、ウィスキー……これくらいか」
「ワイン飲まない?」
「ホットでいいか?」
「うん」
ワインオープナーでコルクを抜くと、微小な木片が粒子のように舞う。年季の入ったものなのか、ラベルに描かれた絵が色褪せている。
 凛が側へ寄ってきて、カップを用意してくれる。ワインを注ぐ傍らで、彼女は真剣な顔でその動作を見つめていた。
 手違いが起こるようで心配なのだろうか。
 子供みたいだな、と横目に見ながら、フィアスは電子レンジのボタンを押す。
 些細ささいであればあるほど、平凡に育った女性とは違う不安定さが垣間見える。
 一時間前にも彼女は起きていたが、そのことを尋ねるのは愚問と言うものだろう。
 すべての感情を含んで、凛の前に湯気の立つカップを丁寧に置いた。
「ありがとう」凛は微笑む。
 フィアスも自分のカップに口をつける。液体の温かさが舌に触れると同時に、揮発きはつしたアルコールの冷たさが鼻先をかすめる。甘みが強い。正体を偽った凛とデートしたときに、飲んだワインと味が似ている。
 猫舌なのか、前方の凛は小さな息を吹きながらワインを飲んでいる。
 口を開きかけ、閉じる。
 ジャケットの内側に手を入れるが、煙草は見当たらない。
 腕を組んで、カップを見つめる。
「フィアス」凛の声で、フィアスは顔を上げる。
「困ってない?」
「え?」
「眉間、シワ寄ってる」
反射的に顔に手をやり、思い直して前髪に触れる。髪の隙間から凛を見ると、微かな笑みを浮かべている。
 寝室で話をしたときに聞きたかったこと。途中で、真一の呼び声に遮られたことは、幸運に――あるいは延命に思えてしまったこと。
 それらを飲み込むと、深いため息が唇から漏れた。
 意を決して、フィアスは口を開いた。
「聞かなければならないことがある」
「うん」
「かなり、センシティブな内容だ」
凛は身構えたものの、すぐに緊張を解いた。
 不思議そうに首を捻っている。
 五感を研ぎ澄ませても、彼女の鼓動の速度は、まったく変わっていなかった。
 それは、思い当たるフシがないということだ。
 良いことであるはずなのに、仮説が外れていることを考えると、ますます疑問は深まった。
 ……そうでないなら、彼女は一体、何に怯えているのだろうか。
 ふわりとした花の香りが迫る。
 彼女がテーブルをまたいで、自分の座るソファの前にやってきていた。
「ちょっと!」
 腰に手を当てて、凄んでくる。
 フィアスは思わずのけぞった。
「な、なんだ?」
「無言のまま、五分経ったわ」
「いつの間に……」
「あたしをそっちのけにして、考えごとをしないでくれる?」
「そうだったな。君がいることを忘れていた」
「忘れないでよ! そういうところ、素直すぎるのよ。いつもは分かりづらいくせにね」
「そ、そうか……Verzeihung。じゃなくて、sorry……でもない。ええっと、すまない。悪かった。ごめん」
「色々な国の言葉で、謝らないでほしいんだけど……」
凛は肩の力を抜くと、フィアスの隣に腰掛ける。自分のカップを手繰り寄せ、ふてくされたように口をつけた。
 その手に触れようとすると、小さな身体がびくりと震えた。あわせてカップが波打ち、ぬるい液体が手の甲へ滴った。
「その癖について知りたい」とフィアスは切り出した。
「フォックスにさらわれてから、君の身体に触れようとすると、その反応が現れる。とても……とても気がかりな反応だ。この質問の意味が分かるだろうか? その、なんというか、話せることがあるなら、話してほしい」
そっと手を握る。
「……心配なんだ。とても」
凛は微かに息を吐くと、小さな声で言った。
「あいつには、レイプされてない……貴方が聞きたいのは、このことでしょう?」
「ああ。そうだ」
「大丈夫よ」
凛は遠慮がちに微笑むと、手を握り返す。
 指先から伝わる穏やかな脈拍を感じ、フィアスは安堵の息を吐く。
 彼女は傷つけられていない……少なくとも、最悪の方法では。
「爆弾処理のコードを切っているみたいだ」
「緊張してる?」
「しない方がおかしい」
思わず漏れた本音に、凛は小さな笑い声さえ立てる。それから、少しだけ宙を見上げて思案した。
あたしの手の震えは、きっと……そうやって切り出した口調は、迷いがなかった。
「遺伝子の話を聞いたからだと思う。ネオの子供を産むことができるって話」
 彼女の口から、思いもよらぬ言葉が飛び出て、フィアスは驚いた。
 先天遺伝子の適合者。
 彼女の母親・龍頭葵りゅうとうあおいは先天遺伝子の子供を産むのに適した遺伝子を持っていて、子供たちにも引き継がれた可能性がある。
 彩が死んだ今、凛の存在は<サイコ・ブレイン>にとって、唯一の希望なのだ。
 凛が知れば、両組織の戦いを止めるために、自ら生命を絶つかも知れない。フィアスはフィオリーナと話し合い、その事実を伏せることにした。少なくとも、ネオを始末するまでは、本人に打ち明けないと決めていた。
 しかし、凛はたどり着いてしまった。
「嘘か誠かはともかく」フィアスは言った。
「その話を、誰から聞いた?」
「李小麗から。フォックスに拉致されていたとき、彼女も近くにいたの」
「あの女か……」
「彼女、真面目そうだった。嘘をつけないタイプね」
「そうだな。彼女は、苛つくほど真面目だ」
フィアスは諦念ていねんのため息を吐く。
 ネオでさえ、凛に遺伝子の秘密を知らせなかった。それはきっと、こちらが口を塞いでいたのと同じ理由だ。
 その沈黙を、小麗は破った。
 小麗は、凛に対して特殊な感情を抱いている。<サイコ・ブレイン>がひた隠しにしてきた秘密を、本人の前でいとも簡単に暴露するとは、それだけ恨みが深いと言うことだ。殺意すら抱いているかも知れない。
 押し黙ったフィアスを見て、
「あたしは大丈夫」
励ますように凛は言った。
「身体が震えるのは、ただの反応。誰かに触れられたとき、最悪の未来をちょっと想像しちゃうだけ。でも、心は大丈夫。貴方が守ってくれるって、分かっているから」
「もちろんだ」フィアスも頷く。
「君には、指一本触れさせない。絶対に」
「頼むわよ、ボディーガードさん」
凛はにっこりと微笑む。
 その笑みは、完璧なほど徹底していて、身体の反応から遠いところで光っている。
 あまりにもかけ離れすぎていて、まったく意に介していないようにすら見える。
 こちらを気遣ってくれているのだろうか。
 君は優しいんだな、と言いかけて、フィアスは口を閉じる。
 違和感がよぎる。
 彼女は優しい。
 優しいからこそ、その笑顔は何も語っていない。
 遺伝子の話を持ち出したのは、すり替えるためだ。
 身体の震えを、ネオを倒せば解決するという、簡単な答えにすり替えた。
 これ以上、問題を増やさないために。
「リン……」
 灰青色の瞳が、黒い瞳と交錯する。
 凛の笑顔がわずかに揺らぐ。
 すると、一滴の涙が零れ落ちた。
 へへへ、とごまかすように笑いながら、涙を拭う。
「これは、安心の涙ね。あたしは大丈夫だから」
そう言って、立ち上がる。
 白い手には、ワインの滴った赤い筋がついている。
 咄嗟とっさに手を掴むと、凛の身体がびくりと震えた。ただの反応――彼女が言い切るところの問題が、あらわれる。
「俺の名前を呼んでくれ」
 フィアスは凛を見上げた。
 凛の目が大きく開く。その瞳に、堪えた涙が透明の膜を作っている。
「君が呼べば、必ず傍に行く」
手を離す。
挨拶もそこそこに、彼女は早足で階段を登っていった。
薄暗い闇の中に、白い残像がいつまでも残る。

静寂の水流に時折落ちる、「波紋の音」。
この家に来てから、毎晩聞く。
それは、凛の泣き声だった。